1. ホーム
  2. 体験談
  3. ミシン日記
  4. ≫バザーに出す小物作りに大活躍した我が家のブラザーミシン

バザーに出す小物作りに大活躍した我が家のブラザーミシン

バザー

私が初めてミシンを買ったのは、4年前のことです。息子が入園した幼稚園では、10月にあるバザーに向けて、5月から7月の間にお母さんたちが幼稚園に集まって、小物類を作ることになっていました。

ミシンを持っているお母さんたちが、幼稚園に自分のミシンを持ってくるので、持っていないお母さんでもそのミシンを借りて縫うことができました。

でも、私は家に帰ってからも小物を作りたくなって、うちにもミシンがあるといいのになと思うようになったのです。

主人に相談したら、安いものではなく、少し高くてもいいので、しっかりしたミシンを買うようにと言われました。幼稚園のお母さんたちからの情報と、インターネットで調べた情報から、自分が欲しい機種を絞りこみました。

PC-8000ブラザー
最終的には、ブラザーのPC-8000というミシンに決め、ネットショップで購入しました。47,000円くらいだったと思います。

ただ、この機種もかなり古いですので今買うのでしたら、文字刺しゅうも簡単にできる『ファミリーマーカーFM800』の方が良いでしょう。

さて、私が購入したPC-8000ですが、このミシンは、模様を選ぶのもワンタッチボタンで簡単にできるので、初心者でも使いやすいです。コードを巻き取ってくれるタイプなので、収納にも便利です。

そして、見た目もピンク色でとてもかわいいので、お気に入りです。それからはこのミシンで、いろいろな小物を作りました。通帳ケースやポーチを、お気に入りの布やレースで作って、バザーに出品することができました。

ミシンを買う前までは、パッチワークなど手縫いばかりしていましたが、なかなか出来上がらず 、途中で投げ出すこともありました。

それに引きかえ、ミシンでの小物作りは、すぐに完成させられるので、とても楽しいです。これからも、ミシンをどんどん活用して、手作りライフを満喫したいと思います。

また、子供にもたくさんの手作りアイテムを作ってあげることができ、子供もそれを気にいって使ってくれているので、観ていて幸せな気持ちになります。

ミシンの5万円という金額は非常に高いように感じますが、私にはそれ以上ものをこのミシンを受け取ることができたので大満足です。ミシンを購入するときに主人が言ってくれたように、多少無理をしてでも機能が優れている良い製品を購入して正解でした^^

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.