1. ホーム
  2. 体験談
  3. ミシン日記
  4. ≫入園準備にジャノメのミシンを買って裁縫に目覚めました!

入園準備にジャノメのミシンを買って裁縫に目覚めました!

子供

子供が幼稚園に入園する際、お弁当袋や体操服入れなどを用意しなければなりませんでした。既製品もたくさんあるのでミシンなんて必要ないと思っていましたが、市販の弁当袋や体操服入れは大きすぎたりデザインが限定していて子供の好みに合わなかったんですね。

それに、幼稚園だけでなく小学校でも袋は必要になるだろうと思い、それらを手作りできるミシンを購入することにしました。

ミシンは学生時代の家庭科以来、それも大の苦手だったものなので尻込みしていましたが、インターネットや店頭で調べたり聞いてまわったりしましたした。

そこでわかったがが、最近のミシンは糸調子を自動で取ってくれたり、初心者にも扱いやすいよう工夫がされていることです。中でも私的に衝撃だったのが、軽くて小さいコンパクトミシンよりは、大きくて重たい大きいミシンのほうが実は扱いやすいという点です。

イメージ的に小さい方が便利なのかと思ったのですが、ミシンに関しては縫うときのガタツキを減らしたり、安定させるためにある程度の重量や大きさがあった方が初心者さんには使いやすいと言えます。

ジャノメJP310
そしてネットで買う方がミシンは安くなるので、お店に相談のメールを送ったところ、「初心者ならこれがボタンの押し間違いがないから、いいのでは」ということでジャノメのJP310勧めてもらいました。

私自身お店の人が言うなら安心ということで、こちらのJP310にしました。

ただ、買ってから後悔したのが、サイズも5.5キロと軽く、縫っているときに安定しにくかった点です。あれだけ、初心者にはミシンの重さがあることが大切と調べていたのに、もう少しちゃんと調べてから決断をすれば良かったです^^;

しかも、調べてみるとJP310はそれほど人気の無い商品のようでしたので、なんだか在庫を押し付けられたのかのという残念な気持ちになりました…。

もし、初心者さんがジャノメのミシンを買わられるのでしたら、フルサイズで基本性能重視で作られている『JP710N』をお勧めします。

さて、そのJP310を使って制作したアイテムですが、最初は子供の絵本バッグやシューズバッグ、お弁当袋などを縫っていました。

そして、ミシンに慣れてきたころに何を思ったのか「リュックサックを作ってみよう」と思い、いきなり高めのハードルを設定。初めて作ったリュックサックは歪んでしまいましたが、2歳の娘は喜んで背負ってくれました。その後、息子にも当時ハマッていた恐竜のリュックサックを作ってあげました。

ハンドメイドのいいところは、欲しいものがないなら作ってしまおう、という選択肢が取れるところだと思います。子供用のアイテムの場合、市販の商品を買おうとすると、値段が高い割にデザインや質の良い製品は少ないですからね。

デザインの選択肢が多いものならいいのですが、デザインの選択肢があまりないものだと妥協して選ばなくてはいけなくなります。しかも、ハンドメイドの製品は子供も愛着を持って大切に扱ってくれるんですね。これは私的には大きな発見でした。

愛情というものは形のないものですが、ハンドメイドという形にしてあげれば子供にもしっかりと伝わるんですね^^

同じように安い子供服だと洗濯に耐えられずにベロベロになってしまうTシャツや肌着も、自分で生地を選んで作ったものなら毎日の洗濯にも耐えられます。

ミシンを購入してから5年たちますが、今でも元気で動いてくれています。ミシンも裁縫も高校生ぶりという私でしたが、袋物はもちろん、リュックやバッグも、シーズンごとに子供服を作れるようにもなりました。

慣れというのは大きいですね。ミシンは決して安い買い物ではありませんでしたが、本当に買って良かったと思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.