1. ホーム
  2. 体験談
  3. 初めてのミシン
  4. ≫ブラザーのミシンが赤ちゃんのふとんカバー作成に大活躍

ブラザーのミシンが赤ちゃんのふとんカバー作成に大活躍

妊婦と夫

もともと器用な方ではなく手芸などは嫌いで短気な性格なので、家にミシンはありませんでした。しかし、子供を妊娠し時間が出来た事と子供の物を何か作ってあげたいと思いミシンを購入しました。

ブラザーELU54
ミシンは選ぶのに迷いましたが、最終的な決めては価格と、シンプルで使いやすいかどうかという点。ブラザーのミシンにしました。今は二代目でブラザー『ELU54』を使っています。

どちらもお手頃価格で、使いやすいです。二代目の方は、かわいらしいディズニー柄で見た目に関しては、かなり気に入ってます。

赤ちゃん
そのミシンではじめて作ったものは、赤ちゃん用の布団カバーです。

赤ちゃんの布団をお下がりで頂きましたが、カバーだけでもきれいで新しいものにしたいなと思い作る事にしました。

とにかく、直線縫いのみだったので特に苦労はありませんでしたが、何枚か布が重なる部分や、マジックテープをつけるところではうまく縫えずに何回か縫いなおしました。あとは、ファスナー部分の処理がうまくいかなかった事です。ファスナー用のおさえをつけなおして何とか出来ましたが。

製作時間は二時間です。短気なために、出来上がるまで時間がかかると雑になってしまうので、一気に仕上げました。だいたいどの作品も一日以内に作っています。

作り終えて嬉しかったのは、とても自分好みのかわいらしい布団カバーが完成した事です。レースをつけて布地は二種類を組み合わせました。

もしお店で購入したら、値段も高かったろうし、これほど気に入ったものは販売していなかったと思います。また、赤ちゃんの為に何かを作れた事、ずっと使うものを手作り出来た事に喜びを感じました。

その後は、赤ちゃんの枕や、甚平さんや浴衣。帽子に洋服。幼稚園に入るとズック入れにバック。小学生でも本格的なバックなど沢山作りました。今は、下の子が女の子で以前に作った浴衣が小さくなったのでまた作りたいと思っています。他には、車のシートの汚れが目立ってきたのでシートカバーなども作りたいと思っています。

やっぱり自分の大切の子供には、親の思いやりが詰まった手作りの物を使ってもらいたいですからね^^

今では、子供の為ではなく、物を作る楽しみに目覚め自分の趣味、生きがいとして楽しんでいます。以前のミシンはとても使いやすかったのですが三年ほどで壊れてしまいました。作った量を考えれば元は取れたように思っています。今のミシンも前のミシンと性能は変わりません。

しかし、もっと大きくてパワフルなものを買っておけば、長く使えたので良かったのかなと少しだけ後悔はしています。

ミシンなんて、長く使うものですから、ケチったりせずに、コンパクトタイプでは無く、ジャノメやシンガーのフルサイズのコンピュータミシンを購入しておけば良かったですね^^;

ブラザーのディズニー柄の見た目はたしかにかわいいのですが、使いやすさという点を重視するなら、フルサイズの方をお勧めします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.