1. ホーム
  2. 体験談
  3. 初めてのミシン
  4. ≫娘の幼稚園準備でブラザーのPS202を購入しました

娘の幼稚園準備でブラザーのPS202を購入しました

幼稚園準備

今まで裁縫に興味がなかった私が初めてミシンを購入したのは、娘が幼稚園に入園する半年ほど前です。

どんなミシンを購入しようかとても迷いましたがインターネットや家電店で調べて初心者でも簡単に扱う事の出来るブラザーの家庭用ミシンのブラザーCPS42シリーズ『PS202』を購入しました。20種類程度の模様が縫える小型のコンピュータミシンです。

しかしミシンは中学生の頃、家庭科の授業でやったぐらいで使い方が全く分からず、説明書としばらくの間は悪戦苦闘です^^;

でも一度手順を覚えてしまうと結構簡単で楽しく作業する事が出来ました。購入したミシンがとてもコンパクトで軽く音も静かで初心者向けと言う事が良かったのだと思います。

このミシンで初めて製作したものは娘の幼稚園で使用する通園バッグです。最初は真っすぐキレイな縫い目にするのが大変でしたが、段々となれていきスイスイと縫えるようになりました。

通園バッグは布の裁断から出来上がりまでは3日ほどで出来上がったと思います。ミシンでの作業自体は家事の合間にちょこちょこ制作して2日ぐらいだった覚えがあります。

手縫いでの製作を考えると断然早くてすぐに形になるのでとても嬉しかったですね。通園バッグが出来上がると娘は一目見て気に入ってくれたらしく大喜びでした。

嬉しそうに幼稚園にバッグを持っていく娘を見ると、本当に作って良かったなと思います。子供の喜ぶ顔を見ることができるのがミシンで手作りを一番の喜びかもしれませんね^^

それ以来、お店やインターネットで気に入った布を見つけると購入し手作りするようになりました。最近では娘の洋服作りにハマっています。

最初は簡単なデザインのワンピースを作っていましたが、今では袖を付けたり襟を付けたりと言った凝ったデザインのものにも挑戦しています。家庭科が大の苦手だった私が、ここまで洋裁にハマるとは思ってもいませんでした。

また、ミシンを購入して以来、手作りのものがぐっと身近に感じられるようになりました。

お店で気に入った子供服が見当たらない時などは、好きな生地と型紙本を買って娘と一緒にどのデザインが良いか話しながら洋服作りをしています。

今までは洋服作りと言うと、とても面倒で時間がかかるものだと思っていましたが、購入したミシンのお陰で案外簡単に、そして短時間で出来るものだと知りました。最近では手作りをする事は生活の一部になっています。

また、これから是非作ってみたいものは自分の洋服です。今までは娘の洋服や小物中心に作ってきましたが、お気に入りのリバティの生地で素敵な自分のワンピースを作るのが夢です。

リバティは少々お高い生地の為、失敗するととても落ち込みそうなので今まで見送ってきましたが今年は是非挑戦したいと思います。

娘とお揃いのワンピースでお出掛けなんて言うのも良いかもしれません。これからも手作りライフを楽しみたいと思います^^

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.