1. ホーム
  2. 体験談
  3. ミシン日記
  4. ≫幼稚園の入園準備に買ったミシン選びで失敗しました

幼稚園の入園準備に買ったミシン選びで失敗しました

ミシン選びで失敗

幼稚園の入園の際に、手作りの手提げかばんなどを用意しなければいけなかったためミシンを買いました。

それまであまり裁縫などはしませんでしたが、刺繍などができるミシンがとても魅力的で欲しくなりましたが、複雑な刺繍ができるものはとても高価だったため、平仮名と簡単な模様の刺繍ができるブラザーのものを購入しました。

ただ、この商品選びが私としては大きな失敗でした。値段が安い製品を選んでしまったためか、私の確認不足なのか、刺繍縫いで出来上がった名前はとても読みにくかったんですね。

始めは刺繍で名前を付けておけば、マジックで名前を書く必要は無いかと思っていましたが、これじゃあ子供も間違って文字を覚えてしまうのではと心配になり、結局刺しゅう機能はほとんど使いませんでした。

そこから学んだ教訓ですが、刺しゅう機能を使いたいと考えている方は、ある程度ハイスペックな刺しゅう機能な付いているミシンを選んだ方が良いかと思います。

例えば、6万円くらい出せば買えるシンガーの『SC307』のようなミシンは、文字刺しゅうもきれいにできますので、あれを買っておけば良かったと今でも後悔しています。

シンガーSC307

ミシンを買ってからは、給食の袋やちょっとした小物などを作ったり楽しむことができました。ただ、とても糸くずが溜まりやすく頻繁に掃除をしないと行けなかったことや、文字刺しゅう機能が使えないことにイライラしてしまい、私はだんだんと使わなくなってしまいました^^;

でも、ミシンはやっぱり持っていた方がいいと思います。直線縫いと端の始末ができる縫い方ができれば、色々なものが作れるので複雑な機能は不要だと思います。ただ、ミシンは長く使うものですから、良いものを1台買っておけば後々便利に使えるので、1台は持っておくのがお勧めです。

ただし、私のようにミシン選びに失敗しては、使う機会がどんどん減ることになりもったいないので、できれば最初に良い製品を買うようにしてくださいね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.